美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2018年1月24日

【赤ちゃんの乾燥肌対策】新生児から顔・全身保湿できるおすすめ人気のベビーローション5選!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【2018新生児・乳児の乾燥肌対策】信頼できる高評価レビュー「ベビーローション」でしっかり保湿!赤ちゃん肌は乾燥しやすくデリケート。乳児湿疹対策・改善に。敏感肌なプレママ、ママにもおすすめ保湿剤紹介!「アロベビー」「ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション」「ドルチボーレ」「ファムズベビー」「潤静(うるしず)」口コミレビュー

美容液や保湿クリームなどに「目指せツルツルスベスベの赤ちゃんほっぺ♡」なんて書かれていると、ついつい手にとってしまう女性、多いですよね。

ですが実際には、赤ちゃんのお肌はとても乾燥しやすく、油断するとすぐにカサカサになってしまうんです! そのため赤ちゃんのお肌は赤ちゃん専用のベビーローションやベビークリームで守ってあげる必要があります。

笑顔の赤ちゃん

そこでここでは、「どうして赤ちゃんは乾燥肌になりやすいのか」といった、赤ちゃんのお肌の状態をご説明します。その後で赤ちゃんのお肌トラブルを予防・改善するためにおすすめのベビーローションをご紹介します!

赤ちゃんが持って生まれる皮脂「胎脂」

「赤ちゃん肌」とひとくくりに言いますが、生まれたばかりの新生児と生後2、3か月以降とでは、お肌状態はかなり変わります。

まず、生まれてまもなくの赤ちゃんの肌には「胎脂」(たいし)という皮脂が豊富に分泌されています。

※生まれたばかりの赤ちゃんの皮膚には、白いロウ、ワックス、クリームまたはチーズのような油分がついているかと思いますが、それが「胎脂」です。なお未熟児などには胎脂が不足しているため、当てはまりません。

胎脂は赤ちゃんが子宮のなかにいる、およそ妊娠18週で胎児の肌に発生します。

胎脂の役割ってなに?

胎脂のおもな役割を以下に挙げます。

・新生児の皮膚の保護
・産道を通るときの潤滑油のような働き
・出産直後の体温低下の防止
・出産直後の(細菌など)外的刺激、環境ストレスからの保護

ただし医学的にはまだ不明な点が多く、産後すぐの沐浴(産湯)で胎脂を洗い流すべきかどうかについても様々な見解があります。

※最近では生まれてすぐには沐浴ではなく、あえて身体を拭くのみの「ドライテクニック」を採用する産院も多くあります。

生後1か月の肌の生まれ変わりは自然なこと

胎脂はまもなく水分蒸発によってクリーム状から見えなくなりますが、しばらくは残っているために赤ちゃんの肌は保湿されている状態です。

しかし生後1か月あたりから「新生児落屑」(しんせいじらくせつ)が起こります。赤ちゃんの肌がカサカサになって、日焼け後のようにポロポロと古い肌がはがれ落ちる現象です。

皮膚が剥がれている赤ちゃん

これは赤ちゃんにはよくあることのため、心配は無用。先ほどの胎脂がなくなることで、いわゆる天然の保護クリームがなくなり、赤ちゃんの肌が外部環境と接して急激に乾燥したことが原因なのです。

通常は数週間で新しい皮膚に代わり、ポロポロと古い角質細胞が落ちるのは止まります。はがれかけの皮膚を無理にはがしたり、お風呂の時に無理にこすったりなど、気になるからといって赤ちゃんのデリケートな皮膚を痛めることは絶対にやめましょう!

新生児からの保湿ケア

生後2~3か月まではお母さんから受け取った黄体ホルモンの影響により、赤ちゃんの肌は皮脂が多く分泌されています。皮脂分泌量と加えて汗の量も多いために、「乳児脂漏性湿疹」(「新生児ニキビ」など)ができやすいのです。

しかしそれ以降、赤ちゃんの肌は急速に皮脂量・水分量ともに減ってしまいます。

赤ちゃんの皮膚の厚さは、まだ大人の半分(表皮でおよそ0.2mm)。その上皮脂量は「20代女性のおよそ1/3量」、水分量は「20代女性のおよそ2/3量」という不安定な状態に!

これは「80代の方の乾燥肌」と同程度、とも言われています。さらには肌のpH値は中性のため、細菌が繁殖しやすい環境なのです(大人の健康な肌は弱酸性)。

このように乾燥している赤ちゃんの肌はバリア機能がまだ正常に働いていないために、オムツかぶれなどの「乾燥性湿疹」も起きやすくなっています。

そこで重要なのが、赤ちゃんの保湿ケア。

しかも「新生児」(生後1週間以内)の時から保湿ケアをすることにより、アトピー性皮膚炎になりにくくなる傾向(発症リスクが3割減)が、認められているのです!
※2014年国立成育医療研究センター発表

おすすめベビーローション発表!

ではここからは、自身も敏感肌な美容ライターと子供のいる編集部員が実際に使用しておすすめする、人気のベビーローションをご紹介します!

成分の安全性や使用感の良さなど、人気の理由がうかがえるポイントをぜひご参考にして頂き、お子様のお肌と相性の良いアイテムを選んでくださいね。

おすすめベビーローション1.アロベビー ミルクローション

アロベビー ミルクローション

ブランド名:アロベビー(ALOBABY)
商品名:ミルクローション
内容量 / 使用日数目安:150ml / 30日分
価格:通常購入価格2,300円(税抜)、定期初回価格980円(税抜)
商品について詳細を見る

「アロベビー」は、オーガニックスキンケアに出会った現役ママの声を元に、2013年7月に立ち上げられた国産オーガニックベビースキンケアブランド。

全ラインナップ99%以上が天然由来成分の商品なんです!

「オーガニックベビースキンケア商品は海外製が多く、香りが強い」というイメージを一新する、「やさしい香り」「天然由来」「無添加」「純国産」のこだわり満点。

日本のママと赤ちゃんが安心して使えるブランドとして、芸能人ママ・モデルさんたちからも高い支持を得ています。

アロベビー メディア

「アロベビー ミルクローション」は、大人の肌よりも薄く、敏感で乾燥しがちな赤ちゃんの肌に、やさしくなじんで潤いを閉じ込めます。ホホバ種子油・シア脂配合の高保湿処方で、角質うるうる。

新生児から使え、伸びがよくべたつかない処方なので、顔にも体にも、全身にご使用いただけます!

ラベンダー&ローズから抽出された天然オーガニックオイルがほのかに香り、赤ちゃんにもママにもいやし効果◎。化粧箱付きのおしゃれなパッケージなので 出産祝い等のプレゼントにもオススメです♡

【無添加成分】アルコール、合成ポリマー、鉱物油、シリコン、石油系界面活性剤
※フランスのオーガニック認証団体「エコサート」認証取得

アロベビー ミルクローション 口コミレビュー

赤ちゃんの首に乳児湿疹ができたため、いくつかベビーローション巡りをして行き着いたのがアロベビー。これでツルツルお肌になってくれました!

塗りだしてから数日で赤みが沈んで、塗り続けていると新しい湿疹が出来にくくなりました。

お薬ではないので、ひどい湿疹の場合は受診されたほうが良いと思いますが、日常の保湿ケアと湿疹予防ならアロベビー、かなりおすすめしたいです! (28歳)

商品について詳細を見る


おすすめベビーローション2.ドルチボーレ ミルキーベビーローション

ドルチボーレ

ブランド名:ドルチボーレ(Dolci Bolle)
商品名:ミルキーベビーローション
内容量 / 使用日数目安:150ml / 30日分
価格:2,800円(税抜)
商品について詳細を見る

ドルチボーレシリーズは、 赤ちゃんのお肌への「やさしさ」と「保湿」に注力したシンプルなベビースキンケアシリーズ。

各メディアで評価の高いベビーソープのシリーズ第2弾として『ベビーローション』が誕生しました!!

ドルチボーレ ミルキーベビーローションの特徴は

・ベースとなる水には非加熱天然水の「天使の希水」を使用
・美容業界で注目のミネラル「ケイ素(シリカ)」を配合
・3つのヒト型セラミドやヒアルロン酸がお肌の潤いをもたらし、馬油やシアバターが潤いを逃さないよう保湿

そしてもちろん、デリケートな赤ちゃんのお肌への優しさを考慮し、余分な成分は無添加処方です。

【無添加成分】合成香料、着色料、鉱物油、アルコール/エタノール、パラベン、旧表示指定成分、フェノキシエタノール、シリコン

ドルチボーレ ミルキーベビーローション 口コミレビュー

やわらかくて少しトロンとしたテクスチャーのミルクローションで、伸びがよく、赤ちゃんのカサついた肌がしっとりとします。

マンダリンオレンジの爽やかな香りも私のお気に入りポイント。成分にマンダリンオレンジ果皮油が配合されているからですね。

同じシリーズのベビーソープも優しい質感で赤ちゃんの肌に合ったので、ラインで揃えて乾燥肌対策をしっかりとしてあげようと思います!(30歳)

商品について詳細を見る


おすすめベビーローション3.ファムズベビー

ファムズベビー

ブランド名:ファムズベビー(Fam’s Baby)
商品名:ファムズベビー
内容量 / 使用日数目安:85g / 30日分
価格:2,400円(税抜)
商品について詳細を見る

日本有数の信頼ある聖路加病院、院内薬局など首都圏中心とした調剤薬局でも取扱いされているのが、ふわふわ濃密泡で赤ちゃんの肌を守る「ファムズベビー」。

「ファムズベビー」は単に皮膚の上に油膜を作るのではなく、成分が角質層に浸透し、バリア(保護膜)を作り、体感したことがないほど長時間保湿が持続します。

効果はまさに【肌トラブルの救世主】として、全身の肌トラブルを解決!

・全身に使えて簡単便利
・赤ちゃんからお年寄りまで、家族みんなで使える
・たった3秒のケアで効果が8時間つづく

母子健康手帳副読本にも掲載されている実績からも、安全性と信頼感◎ですね!

【無添加成分】香料、着色料、パラベン

ファムズベビー.体験談

※公式HPより

ファムズベビー 口コミレビュー

生後2か月をすぎた頃から子供の顔や体に湿疹ができてしまい、色々と保湿ローションを探していて友人に薦められたのがファムズベビーです。

とにかくふわふわの泡で、肌に乗せるとすっと浸透します。使ってすぐに肌が潤っているのが分かり、子供も気持ちよさそう。数日で驚くほどツルスベ肌になって湿疹が治まってくれました。

大人の敏感肌の方やプレママ、ママさんにも好評らしく、私自身も顔の肌荒れが気になる時に使うと荒れが治まるので重宝しています。ストックがあると安心できるほど親子で愛用中です♪(32歳)

商品について詳細を見る


おすすめベビーローション4.潤静(うるしず)

潤静-うるしず

ブランド名:潤静(うるしず)
商品名:潤静(うるしず) 敏感肌用全身美容液
内容量 / 使用日数目安:150ml / 30日分
価格:通常購入価格5,980円(税抜)、定期初回価格2,990円(税抜)
商品について詳細を見る

「潤静~うるしず~」は、「超高分子ポリグルタミン酸」「3種類のセラミド」「発酵プラセンタ」「天然植物エキス」など、優れた保湿成分でスベスベのお肌へと導く全身用美容液。

お肌に悪いものを徹底的に排除した10の無添加処方で、お肌に悩む方に毎日安心して使っていただけるよう、徹底的に安心できる成分にこだわりました。

新生児の赤ちゃんから敏感肌の大人の方まで、ご家族みんなでお使いいただけます!

【注目ポイント】
・11時間後でも、つけたての95%のみずみずしさをキープ  
・ポリグルタミン酸を配合  
・アトピー性皮膚炎でお悩みのお子様にもOK
・お肌への浸透が早くサラッとしているので、すぐにお洋服を着てもベタつきが気にならない
・一日に何度も塗り直す必要がない
・安心の国内工場で生産
・初回購入時から30日間の全額返金保証つき

【無添加成分】
石油系界面活性剤、パラベン、鉱物油、シリコン、オイル、合成香料、合成着色料、紫外線吸収剤、殺菌剤、旧表示成分

潤静(うるしず) 口コミレビュー

生後半年の息子は肌がカサカサとして湿疹があり、私自身もアトピー性皮膚炎です。

潤静はトロミがかなりある黄色い美容液。肌に塗った直後はペタペタっとした質感になりますが、肌に浸透するともっちりになって乾燥肌にはかなり良いです!

息子と私とで、夜のお風呂上がりに顔を含めて全身に塗ると、ふたりとも翌朝までもっちり感が続いているので、夜に痒くてかくことがなくなります。

1週間使っただけで肌質が変わったみたいにツヤが出てきたので、これからも親子で手放せません!(33歳)

商品について詳細を見る


おすすめベビーローション5.ヴェレダ カレンドラベビーミルクローション

カレンドラ ベビーミルクローション

ブランド名:ヴェレダ(WELEDA)
商品名:カレンドラベビーミルクローション
内容量 / 使用日数目安:200ml / 30日分
価格:2,200円(税抜)
商品について詳細を見る

あなたの肌を美しく魅せる!1921年から続く、スイス生まれのオーガニックコスメブランド「ヴェレダ(WELEDA)」。

植物由来の成分にとことんこだわった、赤ちゃんから大人の方まで使用できるスキンケアアイテムが世界的人気のブランド発、ライトなつけ心地でみずみずしい、きめ細やかな肌に整える全身用保湿乳液です。

カレンドラエキスが肌荒れを和らげ清浄に保ち、アーモンド油が肌からの水分の蒸発を防ぎ、ハリのあるなめらかな肌になります。

【注目ポイント】
・顔から身体まで全身の保湿に
・生まれたての赤ちゃんから、お子様・敏感肌の大人の方にも
・オイルよりもライトな保湿がほしい時に

※キク科にアレルギーがある方はご使用をお避けください

カレンドラベビーミルクローション 口コミレビュー

乳白色のミルクローションで、かなりノビがよくて全身に軽くなじませることはできて、使い勝手がかなり良いです。

乳児湿疹のある子供の顔から身体(関節部分の汗がよくたまる箇所などを重点的に)まで、これ1本で保湿完了。敏感肌の私も夫も使っていますが、まったく刺激なく、塗ると肌が元気になる感じがします!

カレンドラの香りは好き嫌いがあるかもしれないですが、私は気にならない(むしろリラックス効果がある気がします)ですし、子供も顔に塗っても嫌がらないので大丈夫です。

ほんとにノビが良いので、家族で使ってもモチも良くてお気に入り。新生児から使えるほどの優しい成分に感謝です。(34歳)

【ヴェレダベビー】

商品について詳細を見る

赤ちゃんのお風呂はやさしく洗って、常に保湿第一!

赤ちゃんの肌は大人が想像する以上に乾燥しやすくデリケート。

そのためお風呂で洗ってあげる際も、肌をキツくゴシゴシとこするのではなく、必ず「泡でなでる」程度にしましょう。

とはいえ、汚れ・垢がたまりやすい「耳裏、アゴ、首、脇下、指、手足のシワ部分」などは、柔らかなカーゼなどを使って優しく洗ってあげてくださいね。

また当然ですが、石けん・ボディソープの成分にも気をつけ、余分な成分は無添加で低刺激なモノを使うようにしましょう。

お風呂上がりは乾燥しやすいため、すぐにベビーローションを塗ってあげて、繊細なお肌を守ってください。

タオルに包まれた赤ちゃん

さらには、赤ちゃんは口周りなどお顔を拭く回数が1日に何度もあります。タオルなどでお顔を拭くたびに皮脂も取れてしまうため、お顔などの汚れを取った時はその都度ベビーローションで保湿をしてあげましょう!

大切な赤ちゃんの将来のお肌を守るためにも、お肌と相性のよいベビーローションやベビークリームを活用して、しっとりスベスベお肌でいられるようにしましょうね。

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

関連記事一覧

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る