美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2018年8月1日

【頭皮・髪のべたつき改善対策】べたつく頭皮・髪に効果的なヘアケア方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018年8月更新【夏はもちろん、季節に関係なく頭皮や髪がべたつく人必見!】頭皮がべたつくからとごしごしシャンプーしていませんか?頭皮の皮脂を落としすぎると、逆に皮脂分泌量が多くなる!?サラサラ髪になるポイントや即効サラサラヘアーになれる便利なスプレーをご紹介します。これでヘアドライも時短になれるってすごい!

夏は暑さだけではなく、紫外線や湿度、汗や汚れなど女性の敵だらけ。顔や身体がベタベタするだけでなく、髪の毛も脂っぽくなり、午後にはべったりしていることも。

髪のコンディションが気になる女性

そこで、夏に髪の毛がべたつく原因と、あこがれのサラサラした髪の毛になるためのおすすめヘアケア法をご紹介します!

夏に髪の毛がべたつく原因は皮脂分泌量!?

普段はオイリーヘアでなくても、夏の髪の毛のべたつきに悩んでいる女性がたくさんいます。

頭皮には「顔のTゾーンの3倍」とも言われる数の毛穴があり、毛穴の奥には皮脂腺があります。そのため、頭皮は身体のなかでも皮脂分泌が活発な場所なのです。

さらに頭皮は「毛穴が大きく」「汚れが溜まりやすい」場所でもあります。そんな頭皮は顔がベタベタする夏を迎えると、当然ながら顔以上の皮脂量に! そのべたつきによって髪の毛もまたどれだけ洗ってもべたつくのです!

暑さが頭皮に与える二次的な悪影響

さらには暑さが与える「二次的な影響」も、原因となっています。

その一つは、暑過ぎて「ドライヤーをサボってしまう」こと。すると濡れたままの頭部は温度が上がり、雑菌が増殖するのには「とても良い環境」なのです。

すると雑菌で頭皮にダメージを受けるだけではなく、当然ながら嫌な臭いも生み出します。

そしてもう一つは、夏の暑さで発生する皮脂を取り除こうとして「頭皮を洗い過ぎる」ことです。皮脂を取り過ぎてしまうと、身体は「皮脂不足」を感じ、さらに皮脂分泌が過剰になってしまいます。

またゴシゴシ洗うことも頭皮を乾燥させてしまい、却って皮脂分泌量を増やしてしまうことになるのです。

あこがれサラサラヘアのためのヘアケア

髪の毛がべたつく夏には、みなさんキレイにすることだけを考えがちです。そして洗って「汚れや皮脂を落とす」ことにこだわってしまい、髪のべたつきが解消しないままとなっています。

洗うことはもちろんですが、トータル的なヘアケアを考えることが、夏には特に大切なのです!

おすすめヘアケア1.シャンプーにこだわる

キレイに洗うことにこだわり、洗浄力の強いシャンプーを選んではいませんか? 強い洗浄力では、頭皮の皮脂を取り過ぎてしまい、「乾燥」を引き起こして反対に「皮脂分泌が活発」になります。

頭皮への刺激が弱いと言われるシャンプーは数種類ありますが、その中の一つ、「天然由来のアミノ酸系シャンプー」は耳にすることも多いのではないでしょうか。

また最近では「クリームシャンプー」「石けんシャンプー」も人気があります。

■クリームシャンプーや石けんシャンプーが気になる方はこちらもチェック!
『【クリームシャンプーおすすめランキング】頭皮ケア・パサパサ髪を改善|30日ホームヘアケアでうるツヤ美髪を取り戻す!』

おすすめヘアケア2.洗い方にこだわる

汚れを落とすためには、洗浄力よりも「洗い方」が重要です。

まず髪の毛の表面だけではなく、頭皮にもしっかりぬるま湯を行き渡らせて「予洗い」(目安は3~5分)をきちんと行いましょう。予洗いによりシャンプーの泡立ちが良くなり、強くこすって頭皮を痛めるリスクがなくなります。

※お湯の温度は「38度」にしましょう。これ以下では汚れが取れず、これ以上では地肌に必要な皮脂まで溶け出してしまいます。

そして、すすぎはシャンプーの「数倍の時間」をかけてよく洗い流してください。残ったシャンプーやトリートメント剤が毛穴に詰まると、「酸化」して臭いの元にもなります!

洗髪の際も「ぬるま湯」を使うことがポイントです。熱いお湯は肌の乾燥を引き起こしてしまいますので、使用しないでくださいね。

おすすめヘアケア3.乾かし方にこだわる

暑くても入浴後に時間をおかず、髪の毛を乾かすことも大切です。

まず、タオルドライを行います。濡れた髪は髪表面にあるキューティクルが剥がれやすく、したがって痛みやすくなっています。

必ず優しく、頭皮を揉むように拭きましょう。毛先の水分はタオルで包むようにして拭いていきます。

さらにドライヤーは「頭皮側」から乾かし、徐々に乾燥しやすい毛先を軽く乾かしていきます。最後は冷風を「頭の上から下」の方向に送って、キューティクルの流れを整えましょう!

おすすめヘアケア4.洗髪のタイミングにこだわる

日中のべたつきを防ぐために、朝シャンをしている人も多いのではないでしょうか。

しかし頭皮や髪のためには、朝に行うシャンプーはよくありません。そのまま外出すると、頭皮を守る皮脂がない状態で、紫外線のダメージを直接受けることになるのです!

頭皮や髪の毛は肌と同じように、細胞で構成されています。その細胞を活性させるためには、「就寝時」にきれいな状態でいることが良いとされています。1日の汚れは全て、「就寝前」に落としてしまいましょう。

美しいロングヘアーの女性3人

頭皮の皮脂分泌は、食生活やストレスも影響を及ぼしていると言われています。地肌のベタつきがひどい場合は、食事を動物性中心から植物性中心に変えてみて、身体の酸化自体を防いでみてはいかがでしょうか。

また、ストレス解消のためにも睡眠をしっかりとってください。肌や身体に良くない習慣は、頭皮や髪の毛にも悪影響を与えているということですね。

美プロおすすめ 5秒でブローしたてのサラサラ髪になるスプレー

item_spdryer

ブランド名:PLAYLIST(資生堂プレイリスト)
商品名:スプレードライヤー(SPRAY DRYER) 6g
価格:1,200円(税別)

商品詳細は公式HPをチェック!

湿気でひろがりやすい髪や、スポーツ後のべたついた髪を、まとまりのあるサラサラ質感に5秒でチェンジ!

濡れた髪にスプレーをすることで、髪が乾く時間も短縮できる優れものです。

Get Fresh,Get Dry

商品詳細はコチラ

ヘアメイク:リエ

40代前半。主に女性ファッション誌やショーモデルのヘアメイク担当。長所・短所を活かしたメイクアップと、健康的なヘア育成法について研究している。

ライターの記事をもっと見る

関連記事一覧

Ranking
アクセス数の多い記事ランキング

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る