美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2016年12月29日

カサつきかゆい冬の乾燥肌!簡単テクニックでエステ並なしっとり肌を魅せつけて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬になると肌が乾燥して、ゴワゴワになったりかゆくなったり……。女性なら誰しも経験があるのではないでしょうか?

顔、首にかゆみがある女性

冬の乾燥肌は、キメが荒く毛穴を目立たせます。また、血色が悪くくすんだお肌では、老けて見られがち。簡単にできるホームエステで、冬でもイキイキした肌を目指しましょう。

冬に起こる乾燥肌の主な原因

女性を悩ませる冬の乾燥肌の主な原因は、湿度の低下です。冬は夏と違い、屋外も室内も外気やエアコンによる乾燥で、湿度が低くなっています。また、気温が低いせいで血流が悪くなり、皮膚表面まで栄養がいき渡らないことも乾燥を引き起こします。

カサカサでかゆみを伴い、我慢できずにかいてしまうと炎症が起きます。すると、どんどん刺激に弱くなり、敏感肌になってしまうのです!

まずは冬の保湿対策として、夏用の基礎化粧品を保湿力の高いスキンケア商品に替えましょう。

手軽にできる週に一度のホームエステ

肌トラブルの解消にはフェイシャルエステのサロンもありますが、家事や育児、仕事などで忙しい女性はいつも時間との戦いです。エステに通う時間がないという方も多いでしょう。しかし、まだあきらめるのは早いですよ。自分で簡単にできる、週に一度のホームエステを紹介します。

1.蒸しタオルで顔全体を温める!

水で濡らしたタオルを電子レンジで温め、顔全体を3分程度覆います。
※タオルが熱過ぎると肌に刺激を与えトラブルの原因になりますので、40度程度にしましょう。

顔をゆっくり温めることで、毛穴が開き汚れを浮かすことができます。肌の温度を上げることで、血行を良くする効果もあるのです。

2.ピーリングで古い角質を落とす!

血行不良が起こる寒い冬は、ターンオーバーが乱れます。古い角質がいつまでも皮膚表面に残っていると、くすみやシミ、毛穴目立ちなど肌にとって悪影響を与えます。

ジェルやクリームタイプのピーリング剤で古い角質を落とし、ターンオーバーを促しましょう。

3.ローションパックで化粧水を浸透

ピーリングで肌表面は、とても無防備な状態になっています。また毛穴が開いた状態のときには、化粧水の浸透率が上がります。

間をあけずにローションパックでケアしましょう。コットンに化粧水をたっぷり染み込ませ、3分程度顔にのせるだけです。

4.保湿クリーム+オイルでマッサージ!

化粧水だけでは肌の水分が蒸発し、乾燥を促進します。必ず油膜で保護しましょう。

保湿クリームにオイルを2滴ほど混ぜ、顔の内側から外側に向かって血液を流すようにマッサージします。

ポイントは力を入れ過ぎないこと。お肌の美容に有効なビタミンEを含む、ホホバオイルやアルガンオイルの使用がおすすめです。

加湿器

乾燥肌を改善するためには、とにかく乾燥を防ぐことが大切です。エアコンには直接当たらず、加湿器を使用してください!

また、寒さで鈍感になりがちですが、体内の水分は冬でも蒸発しています。水分補給を怠らないようにしましょう。熱いお風呂の入浴や洗い過ぎも、皮脂を取り除き乾燥の原因になります。

ぬるめのお湯でじっくり温まることで、血行促進の効果もありますよ。

メイクの上から塗るだけで理想のツヤ肌完成!

■【資生堂 プレイリスト(PLAYLIST)】スキンテクスチャーヴェール モイスチャーライジング(SKIN TEXTURE VEIL MOISTURIZING)

肌にうるおいを与え、生き生きとしたつやのある美しい仕上がりに。「ヒアルロン酸」「コラーゲン」配合で、日中の乾燥からもお肌を保護します!

ファンデーションの上から使用しても、よれ、くずれ、薄れがなく、つけたての仕上がりが長時間持続。化粧下地としても使用可能です。

なかなか治らない乾燥肌でお化粧乗りにお困りなら、ぜひお試しください。

商品詳細はコチラ

美容ライター:恵里

30代後半。元敏感肌用コスメメーカーの開発担当。現在は女性ファッション・美容雑誌やweb媒体に寄稿している。自身が敏感肌のため、同じような悩みを持つ女性に、実体験を伴うアドヴァイスを心がけている。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る