美容ビューティアドバイザーが発信する情報サイト【and.B】

2017年1月12日

モヤモヤする倦怠期、どう乗り越える?彼氏との倦怠期に試してほしい3つの心得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お付き合いが長くなってくると、多くのカップルが経験する倦怠期。

「彼といてもドキドキしない」「なんとなく会いたくない」「彼のいやな面ばかり目についてしまう」などなど、彼のことを嫌いになったわけではないにも関わらず、なんとなく気持ちが後ろ向きになってしまう……。

ソファの倦怠期カップル

とてもつらい状態ですが、そんな倦怠期を上手く乗り切ることで、今後のお付き合いをより良いものにすることができます。彼との関係を今後も継続していくために、倦怠期の乗り越え方を学んでおきましょう。

倦怠期を上手に乗り越えるコツとは?

1.趣味や自分磨きに没頭する

倦怠期を乗り越えるための方法として一番のおすすめは、時間を忘れて没頭できる趣味を持つことです。

倦怠期を迎えたカップルがまず考えるべきは、一度自分の中で恋人の優先度を下げてしまうこと。その代わりに趣味や自分磨きなど、自分のための時間を謳歌することです。

彼氏ができてから休日はデートに時間をとられ、疎遠になってしまっていた友達や、家族
との時間を大切にするのも良いでしょう。

そうして一度心理的な距離を置くことで、もやもやした気持ちを時間が解決してくれることが多くあります。そのため「もしかして倦怠期かも?」と思ったら、積極的に自分の時間を確保するように努めましょう!

さらに、趣味に没頭することで気持ちが前向きになったり、自分磨きやスキルアップを目指すことで自分に自信を持てるようにもなります。そうした健全な「自己肯定感」は、正常な判断を導き、彼との関係にも冷静に目を向けることができるようになるでしょう。

2.嬉しかったエピソードや、彼の好きな部分を思い起こす

倦怠期は何かと彼の嫌な面にばかり目が向きがち。そんな時におすすめなのが、2人の思いでを振り返って嬉しかったエピソードを思い起こすことです。

付き合いが長くなってくると、以前は感じていた彼への「好意」にもつい鈍感になってしまうもの。彼を好きになったきっかけや、お付き合いの決め手となった出来事を思い出すことで、彼への気持ちを再度確認することができます。

また、特に女性に多いのが「トキメキを感じなくなった」=「好きではなくなった」という誤解をしてしまうこと。人間長く一緒にいれば、以前は感じていたドキドキもなくなり、なんとも思わなくなるのが世の常です。

ベンチに座るカップル

それは決してあなたの愛情が冷めたからではなく、2人の関係性が次のステップにのぼりはじめた証拠。ですから決断を急がないことが大切です。

そのためにも、彼との思い出やエピソードを繰り返し思い起こし、自分の気持ちを再確認するようにしましょう。

3.時には話し合いも必要。彼と適切な距離を保って

時には現状について2人で話し合うことも大切です。お互いが目に見えて倦怠期を感じているようであれば、一度話し合いの場を設けても良いかも知れません。

その際「これからも一緒にいたいと思っている」ということをまず最初に伝え、2人の距離感についてベストな状態を模索していきましょう。

たとえばデートの頻度を減らしたり、あえてそれぞれ1人でいる時間を増やすなど――互いの大切さを見直すきっかけになるかも知れません。

もしも彼も同じく倦怠期を感じているようであれば、彼の気持ちも尊重してあげるようにしましょう。お互いがどうしたいのか、しっかりと気持ちを伝えあうことが大切です。

仲の良いカップル

つらく苦しい倦怠期ですが、それを乗り越えることでより深い絆で結ばれるカップルもたくさんいます。

倦怠期には趣味や自分磨きに没頭することで、自分自身をもっと好きになることにも繋がる良い機会。後ろ向きになるのではなく、ポジティブに向き合っていきましょう! そしてぜひ倦怠期を上手に乗り越え、より良い関係を築いていってくださいね。

and.B編集部

美しいスタイルが美しい人をつくる!  現代女性がもっと美しく輝くための「ヒント」をご紹介しています。

ライターの記事をもっと見る

手元からBEAUTY LIFE 始めるなら、
and.Bアプリを味方につけて……。

ちょっと気になるお肌&カラダのこと、ココロのあれこれ。
こだわりの美しい生き方を、スキマ時間でもっとUP!
大人女性の声にこたえた美的スタイルアプリ。

ページのトップへ戻る